三段全段差動プッシュプルアンプ_6P43P-E(その5)

いよいよ仮組から本組へ移行です。真空管のソケット周りは仮組と本組のシャーシで同じ寸法で配置したので仮組の部品をそのまま使いまわすことにしました。真空管ソケットもLラグもです。とは言っても配置にはそれなりに順番があるので、先ずは電源トランク、出力トランス、ACインレット、ヒューズホルダー、電源SW、入力端子(RCA)、ボリューム(は早過ぎました)を取り付けました。

3diffpp_6p43pe_ei_21.jpg

ドライバ段、出力段の真空管ソケット周りを仮組から移植しました。配線は基本的に行って帰って来る線同士は一緒にネジネジして他に悪影響を出さないようにします。ソケットの中央の金属部分にGND用の銅線をはわせています。この線は抵抗を少しでも少なくするために極太の銅線を使っています(単線の線材の被覆を剥いて中の銅線を使っています)。

3diffpp_6p43pe_ei_22.jpg

電源ユニットと初段のラグ板を配置しました。電源ユニットの平滑用FETは熱を持つのでラグ板の真下のシャーシに貼り付けています(フルモールド品なので下にシリコンラバーを引いてねじ止めしています)。写真上では出力段の定電流回路(LM317F)の対処方法と同じです。

3diffpp_6p43pe_ei_23.jpg

ほとんど配線終了です。因みにシャーシとGNDの接続は真ん中右側の真空管ソケットの上のLラグの真ん中の端子で接触させています。

3diffpp_6p43pe_ei_24.jpg

実は上の写真の時点で既に1度電源を入れています。ダミーロードに繋いでですが。その時点で電源ONして少しすると出力トランスが唸るという現象に遭遇して…一瞬で原因はわかりましたが、仮組までしておきながらこんなミスを犯すとは…と少々わらけてしまいました。今までの写真を見比べるとすぐにわかります。更にもう1つやらかしているのですが、それが分かったのはクロストークを測定している時だったので説明はその時にすることにします。

3diffpp_6p43pe_ei_25.jpg

電源を入れた所です。
全ての真空管が裏面になってますね…。配線を優先したが故なのですが少々さみしいです。実使用には何の影響もありません。

tag : ぺるけ

tag : 6P43P-E

tag : 全段差動プッシュプル

tag : 三段化

三段全段差動プッシュプルアンプ_6P43P-E(その4)

ケース加工です。今回は久しぶりに塗装も行いました。

トランスの並びは真ん中に電源トランスでその両端に出力トランスを設置したかったのでトランスの位置自体はほぼ決まっていました。トランスの向きはコアの向きが90度ずれる様に配置としますが、念のために確認しました。電源トランスに100VACを繋ぎ、その時の出力トランスの8Ω端に出てくる起電力(電圧)をミリボルで計測しています。値が小さい位置が電源トランスの磁界の影響が最も少ない所になるのでその配置にします。

3diffpp_6p43pe_ei_14.jpg

シャーシの大きさが許す限り電源トランスと出力トランスを話した場所に設置します。真空管の配置は同じチャネルの出力管同士は固めて配置したいという思いがあったので6P43P-Eを2つずつ両端に、真ん中に6BQ7Aを配置とする構成にしました。AR_CAD(株式会社SHF)で作図したのがこれです。出力トランスの配線を通す穴をもう5mmほど外に配置するんだったと後で後悔しています(ゴムブッシュを無理くり付ける事になりました)。

3diffpp_6p43pe_ei_15.png

作図した内容を印刷してシャーシに貼り付け、主要な場所にオートセンターポンチでドリル位置をマークし、ドリルで穴あけ。シャーシパンチで穴あけ。ハンドニブラでガジガジして平やすりで成形した結果です。裏蓋は使いまわしなので妙な穴が空いてます。

3diffpp_6p43pe_ei_16.jpg

穴をあけ終わると、いよいよ塗装です。
塗装の前に#240,#400の耐水サンドペーパーで磨く&塗料が付きやすくするためのキズを付けます。磨く時はケースに水をかけてサンドペーパーで一定方向に平らにゴシゴシするのですが、その時に有ると便利なのがハンドサンダーです。このハンドサンダーにちょうどの大きさのサンドペーパーも売ってはいますが、私は通常のサイズの物を購入して4等分に切って(ちょうどの大きさになります)使ってます。研磨した状態が以下です。

3diffpp_6p43pe_ei_17.jpg

研磨後は中性洗剤を使ってスポンジで綺麗に削り粉を洗い流します。次に塗装をするので、洗剤で洗った後は油(手油含む)が付かないように注意してケースを乾燥させます。

塗装の大敵は油と埃です。手袋をして作業をした方が良いくらいですが、私は面倒がって裏面しか持たない様にして作業を行いました。脱脂は専用の薬剤もありますが、中性洗剤で洗っているのもあるので念のため程度にマニキュア落としで全体をまんべんなくふき取るくらいにしています。

今回の塗装には全てHoltsの物を使いました。カラーとクリアにはかなり相性があるようで、他社の製品と混在して使用すると溶けた感じになる事があるみたいです(カラーは トヨタ 1F7 シルバーM です)。

3diffpp_6p43pe_ei_18.jpg

プラサフを使用するのは実は初めてです。今まではプライマーを使っていたのですが、プライマーって透明色くらいしか無く、吹き付けた場所やムラがわからないので、色が付いているプラサフ(プライマー + サーフェイサー)を使いました。炎天下の下でプラサフ3,4回(ほとんど使い切りました)、カラー3,4回(ほとんど使い切りました)、クリア2回の吹き付けを行いました。作業できる時間の関係で回数間の乾燥時間が1日とかで塗り終えるのにかなりの時間がかかりました。

3diffpp_6p43pe_ei_19.jpg 3diffpp_6p43pe_ei_20.jpg

色々と試してみようとして失敗して裏蓋の写真では左上の部分が塗装が削れてしまいました。欲張らな方が良いですね。それと、今回はアルミに銀色(メタル)を吹き付けているので、途中で自分なにしとんの?という感覚に陥ってしまいました。次回からはもう少し違う色を選択するとします。

塗装はこれで終わりです。次回からは組み立てに入ります。

tag : ぺるけ

tag : 6P43P-E

tag : 全段差動プッシュプル

tag : 三段化

三段全段差動プッシュプルアンプ_6P43P-E(その3)

部品を買い集めたので、先ずは電源部の部品配置を現物を確認しながら書き込んでみました。

3diffpp_6p43pe_ei_05.png

ケースに入れた時の配置を考慮して片側8Pのラグ板を2枚使用としました。上側のラグ板で出力段の電源までを構成していて、下側のラグ板でドライバ段の電源と負電源を構成しています。初段の電源は入りきらなかったので初段の回路側と同じラグ板に乗せる計画です。FETはかなりの熱を持つ見込みなのでシャーシに貼り付けます。

3diffpp_6p43pe_ei_06.jpg

上段部を組み立てて、154mA相当の電流を流す想定で470Ω/20Wのセメント抵抗を3つ直列に繋いでその時のFETのドレイン側を測定してみたところ、234Vとなりました。電源トランスのヒーター端子にも同様に3.9Ω/20Wの抵抗を2回路分付けています(片チャネル = 0.625A x2 + 0.4A)。220Vを出力するとして、本番ではFETで (234 - 220) x 0.154 = 2.156Wを消費することになります。

3diffpp_6p43pe_ei_07.jpg

一気にもう片側の電源部を組み立てました。実験中に立てておくためにスペーサの先に貼付け式ボスを付けてこけにくくしています。


ここまで来たら、一気に作成です。
初段部の回路と電源回路を1つのラグ板に乗せることにしました。

3diffpp_6p43pe_ei_08.png 3diffpp_6p43pe_ei_09.jpg

ドライバ段、出力段の回路は真空管という事もあり、アルミ板の端切れを使って仮組をしました。段間のコンデンサですが、少し大きな物を使用しているので、実際にケースに取り付けた時を想定して、Lラグの端子から上側に向けて取り付けています(使用時は下向き)。こうする事によって斜め方向ではなく垂直方向しか力(自重)がかからなくできる目論見です。

3diffpp_6p43pe_ei_10.png 3diffpp_6p43pe_ei_11.jpg

電源トランス、出力トランス、入力RCAコネクタ、ボリューム、ダミーロード(セメント抵抗8Ω)を接続して電源ONで各箇所の電圧チェックを行い、おおよそ設計の通りに成っていました。NFBも位相を考えて配線したのが功を奏したのか発振することなくスムーズに作業が行えました。ここまで来ると若干心に余裕ができてきて、NFBの量を調整少し調整箇所をいじってみましたが、ぺるけさんが言われている通り、PMF-25Pでは周波数特性が120kHz以上から暴れてくるようになりました。

3diffpp_6p43pe_ei_12.jpg 3diffpp_6p43pe_ei_13.jpg

このバラック状態では細かく特性を取りながら調整してもあまり意味がないと思い、次はケース加工に移ろうと思います。

tag : ぺるけ

tag : 全段差動プッシュプル

tag : 三段化

tag : 6P43P-E

三段全段差動プッシュプルアンプ_6P43P-E(その2)

増幅器部分(アンプ)の回路設計はとりあえずできました。この増幅器に接続する電源を考えていきます。増幅器部分で必要とする電源は、220V/70mA(35mA x 2)と195V/4mA(2mA x 2)、19.5V/1.5mA(0.75mA x 2)です。電源回路の部品点数をなるべく減らすために2ch分をまとめて供給とするので、必要なそれぞれの電流値は更に倍になります。

電源で一番分からないのが電源トランスです。同じ型番なら傾向は同じみたいですが、それでも負荷の有無、もっと厳密に言えば負荷のかかり具合でとれる電圧が変わってきて、無負荷状態がMaxで、最大負荷状態(全端子の取り出せる電流一杯いっぱいの状態)がMinです。特注でもしない限り、Maxの状態で使う事はないのでMax~Minの間のどこかを使う事になります。この様子はぺるけさんの小型電源トランスの整流出力特性のページが分かりやすいです。

6P34P-Eへの電源が220Vと低いのと、そこから取り出す電流が多い((70 + 4 + 1.5) x 2 = 151mA)のと、その割にヒータ部分で結構電力を食う(6.3 x 0.625 x 4 + 6.3 x 0.4 x 2 = 20.79W)ので市販の電源トランスではなかなか合う物が無い。でも特注するとなるとそれなりに割高になるというのがあり、ちょうど良いトランスが無い物かとあちこち探して、1個使えそうなのを見つました。ノグチトランスのPMC-190Mです。Web上でもやはり電圧が低いけどDC電流がそれなりに取れて、ヒータの巻き線もそれなりに容量があるかゆい所に手が届く的な存在の電源トランスの様です。

この電源トランスで行けるのか、電源部の詳細設計をしてみます。まず、出力段の電源は安定化しない事にします。安定化するには電圧が高いので部品点数が多くなるのと、設計が複雑になります。同じ要因でドライバ段の電源も安定化しません。後で記載しますが安定化しない場合はそれなりに実験的な事をする必要が出てきます。初段に関しては電圧も低い部類なのと、2SK30Aの耐圧がそれほど無いので、安定化します。それと負電圧ですが、E34Lの回路同様にダイオードの順方向電圧で作り出すことにします。以下に回路図を示します。具体的な値を記載していますが、下で説明です。

3diffpp_6p43pe_ei_04.png

E34Lのアンプでは出力段の電源はトランスから両波整流のダイオードを通過し、抵抗とコンデンサで構成した2段のLPFを使用していました。今回はこの部分をミニワッターで使用したFETによるLPFとする事にします。分圧も兼ねるのでこの部分が調整部分になります(56kΩと1.5MΩの記載のある抵抗部分です)。LPFのカットオフ周波数は56kΩの抵抗と47μFの電解コンデンサで決まります(0.061Hz)。この時に削られる電力分をFET(2SK3767)に肩代わりしてもらうので、熱量計算が必要になります。この時点でははっきりとはわかりませんが、180V端子の両波整流でDC190mAを採れる所を154mA程採る予定なので…240VくらいがFET前でそこから220Vまで下げると考えて、差分が20V、通る電流が154mAなので、3.08W……結構な電力を消費させますね…ケースに取り付ければ大丈夫かな? FET後は出力インピーダンスを下げるための電解コンデンサを仲介して出力段の電源とします。ドライバ段の電圧は195Vなので抵抗で電圧を下げます。14mAが通る予定なので、1.8kΩとしています。

初段の電源ですが、これは安定化するのでそれなりの回路が必要です。E34Lの時みたいにツェナーダイオード一発って手もありますが、少々凝ってみました。ツェナーダイオードを基準電圧としてトランジスタで電圧降下させる一般的な方法ですが。トランジスタのコレクタ側に付けている47kΩの抵抗はトランジスタの電力消費を抑える為です。ツェナーダイオードの上の56kΩの抵抗はツェナーダイオードに流れる電流の抑制です。ツェナーダイオードは流す電流によってツェナー効果で得られる電圧が変化するので、抵抗1本で安定化を確保しています。

トランスから得られる電圧が想定と異なった場合は多少であれば56kΩの抵抗を代える事で対応できます。実際問題、どうなるのでしょう。

tag : ぺるけ

tag : 6P43P-E

tag : 全段差動プッシュプル

tag : 三段化

プリアンプのチョイ変と問題解決

居間でメインとして使っているプリアンプがどうも低音が変な音になる原因ではないかと思い、手を入れることにしました。このプリアンプ、最初に作成してから9年もたっているのです。ずっとメインで使ってきましたが、その間に色々な現象が発生して都度変更して今の内臓になっている訳です。最初の思想に「安定性」の概念がなく、チョイ変でも何かしら起こってくれるアンプになってくれちゃてます。

今回も、チョイ変のハズが問題発生。原因解明と修復で1カ月以上かかってしまいました。

IMG_20170325_091400.jpg RIMG0633.jpg

このプリアンプ、電源にはLED電源を使用していてそこで-4Vと+19Vを生成、プリアンプはぺるけ式FET差動増幅回路になってます。変更箇所は信号の帰還部分となっている470μFの 手作りセラミックコンデンサ群 を 1000μFの一般的な電解コンデンサにする事。参考にした回路も色々と変更がされていて、この部分のコンデンサの容量を増やされています。

audio_preamplifier_fet_01_1kuf.png

変更前と後ではこんな感じです。

RIMG0634.jpg RIMG0638.jpg

変更が終わって各部分の電圧チェック等すまし、パワーアンプに繋いで音出ししてみると、低音の吹き抜けが良くなっています。これは良い変更をしたとしばらく(2時間くらい)音楽に聞き入っていたところ、突然、右チャネルの音が小さくなったり、元の大きさに戻ったりし、最終的には小さくなったままとなりました。

ここからが長い闘いでした。何せ電源を入れなおすと音の大きさが復活したり、ケースを開けるだけで現象が出なくなったり、また、現象が出るまで数時間かかったりしたからです。こんな時はと、考えられる限りの原因を書き出し、1つ1つ確認方法を検討して現象発生時に捕まえる、という地道な作業を決心しました。

新しく付け替えたコンデンサ周りのチェックから、発振、全半田の付け直し、電源部の発振等チェックしていきましたが、どれも問題なしでした。もう手を付けるところがないと思っていた時、ふとした時に音楽を流しながら各部品をチョンチョンとつついてみたのです。そしたら入力部をGNDとつなぐ470kΩの抵抗を小突いたときに音が小さくなる現象が発生しました。半田付けしているところの半田除去と付け直しをして再度チョンチョンしてみましたが、現象は再現します。デカイ抵抗器なので隣り合う部品との間の浮遊容量が変化して発振とかしているのではと波形を計測するも現象発生前後で変化なし。つまり発振ではなさそう。ここまで来てまたもや手詰まりです。

しばらくボーっと過去を振り返っていた時、この抵抗器を購入したときの店主の言葉を思い出しました。「足の付け根が弱いからテンションをかけないように」と言われていた事を。早速、問題の抵抗器を手持ちの抵抗器に付け替えて再現確認しました。これが明けても暮れても再現しないのです。つまり、原因は抵抗器の内部接触ということになりそうです。回路的にもこの部分が開放されている時と抵抗として機能している時の現象として納得のいく事象です。元と同じ抵抗器を買いなおして(9年前は290円でしたが、現時点では580円になってました)足を曲げる時は両端をペンチで固定して曲げる等、慎重に取り付けて1週間様子見。現象が再現しないことから解決としました。

まさかの抵抗器の中身接触不良。回路としては部品点数が少なく、全ての箇所の動作を理解していたからたどり着けたのだと思います。

tag : ぺるけ

tag : プリアンプ

黒ねこ時計 くろック D02
プロフィール

jujurou

Author:jujurou
運営HP:チャコの部屋
Twitter:jujurou

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザタグ

ぺるけ Linux RaspberryPi 三段化 6P43P-E 全段差動プッシュプル トランジスタ式ミニワッター 6P43P TRminiWatterPart4 MPD FON2405E イーサネットコンバータ OpenOCD DAC buildroot FM3ペリフェラル BeagleBoneBlack map windows Bluetooth ODROID-U2 library FM3評価ボード mingw OpenGL シングル bitbake KiCad 計測 プリアンプ Edison VMware FM4 ミニワッター 6N6P TL-WR700N 

月別アーカイブ
ランキング

FC2 Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Twitter