TL-WR700N(故障品)で何処までできる? その1

FON2405Eのファーム書き換えで 有線-無線変換 に興味を持ち、他の物にも手を出してみようとして白羽の矢が立ったのが TL-WR700N です。

2c44a8905a.jpg

ヤフオクで無茶安いな~と思ったら、故障品として出品されている物でした。突然使えなくなったということなので、電気系統のトラブルかファームがいきなり消えたかかな? くらいの感覚で安さもあって入札しました。淡い期待を持って電源に指してみましたが、やはりウンともスンとも動きません。実験材料として購入したので、ケースを開けて診断することに。

ケースを開けるのに何気に苦労しました。何せ情報が少ない且つ中国語(?)なので、読めないのです。発売元の TP-LINK が中国の会社ですしね。開け方は、薄くて堅い物(私は精密ドライバを使いました)を上蓋の溝に入れて押し開けるです。コツはLEDのあたりにツメがあるのでそこから外す。ACコンセント側にもツメがありますが、この部分を最後にするといったところでしょうか。とにかく堅いです。

RIMG0589.jpg

RIMG0578.jpg RIMG0583.jpg

RIMG0584.jpg RIMG0582.jpg

使用されているチップは MIPS 24K をコアとしたSoC AR9331 です。SDRAMは A3S28D40(8Mx16) でした。こうゆう品でのおきまりはシリアルFlashだと思いますが、型番を見えなくされていて読み取れませんでした。ネット上で調べるとSpansion製のFlashを使っているとかの情報もありますが、自分のは他のベンダー製だと思われます。しかし、同じTL-WR700Nでも回路が何パターンか有るみたいですね。

それよりも驚愕だったのが、シリアルFlash(らしき物)の取り付けがこれぞ中華品質(!?)と言わんばかりの…。

RIMG0576.jpg

テスターで電源周りを確認すると、出力されていない事が分かり、更に追跡するとパルストランスの出力側から電圧が出ていない事が判明しました。電源制御ICは LNK625 を使っていて、それに対する電圧は出ているのですが、肝心の出力側に出ていない。トランスを取り出してインピーダンスを計測すると、出力側が何処かで短絡しているみたいでした。

RIMG0585.jpg

型番や仕様の分からないトランスというのは厄介で、これを代えるのを諦め、思い切って直流電源から電力を供給することにしました。それぞれのチップの許容電圧を見比べ、要所要所に配置された謎ICを降圧レギュレータと仮定して5Vを入力してみたところ、ビンゴだったようでLEDの点灯とWi-Fiの電波を観測出来ました。電源部以外は生きている様です。よかったです。

因みに、Wi-Fiの電波確認にはスマホの Wifi Analyzer を使っています。

wif_analyzer.jpg

基板裏面に "TP_OUT", "TP_IN" と書かれたいかにもって感じのパットが有ったので、接続先を追って AR9331 の仕様書と見比べると、シリアル入出力端子となっていました。

RIMG0588.jpg

オシロで確認すると何か出ていそうだったのでPCに繋いでTeraTermを起動した所、ログが出力されました。また、コマンド入力も出来ました。ただし、一般的なLinuxコマンドは無く、極限定されたコマンドのみ存在しています。"ls"って打ち込んで「そんなコマンドねーぞ!!」と言われた時は焦りました…。"help" もしくは "?" と入力するとコマンド一覧が出てきます。

RIMG0586.jpg




________ ________ __ __ ____ _ __ ___
|________|| ___ | | | | || \ | || | / /
| | | |___| | __ __ | | | || \| || |/ /
| | | _____| |__ __| | |___ | || |\ || \
|__| |__| |______||__||_| \____||__|\___\


Software Platform for MIPS
Creation date: Aug 24 2011, 18:58:10 (chenyunchuan@tp-link.net)
Copyright(C) 2001-2010 by TP-LINK TECHNOLOGIES CO., LTD.
CPU: AR9330: AP121 Board
CPU freq: 400 MHZ
SDRAM size: 8 MB
ipaddr:192.168.1.1
serverip:192.168.1.100
file:vxWorks.img


Attaching interface lo0... done
Rx clbufs 768 each of size 1756
eth_rx_netpool_init: allocated, pDmaBuf=0x80637910, buffend = 80782514
ATHRS26: resetting s26
ATHRS26: s26 reset done
eth_rx_netpool_init: done already!
Attached IPv4 interface to mirror unit 0
Press Ctrl+C to stop auto-boot...
0
auto-booting...
Uncompressing...done
Starting at 0x80001000...

Attaching interface lo0... done
Rx clbufs 768 each of size 1756
eth_rx_netpool_init: allocated, pDmaBuf=0x80e1f960, buffend = 80f6a564
ATHRS26: resetting s26
ATHRS26: s26 reset done
Arm the watchdog timer for the GMAC hang detect
eth_rx_netpool_init: done already!
Attached IPv4 interface to mirror unit 0
bDhcps = 2
AP_DhcpsDetectInit:create task DhcpDetect successfully
usrAppInitEx: 116: GPIO_OE = c00081d
usrAppInitEx: 117: CP0 CONFIG = 80208483
usrAppInitEx: 118: CP0 CONFIG1 = 9ee3519e

-->starting wireless...
APCFG task id 80c59bc0
sysWlanInit ...
Create WLAN event task tWLANEventTask
Create mem partion 0x80c3b380 for size 73728
Boostrap clock 25MHz
ar9300RadioAttach: Need analog access recipe!!
Restoring Cal data from Flash
ant_div_control1 = 0x9
ath_get_caps[4303] rx chainmask mismatch actual 1 sc_chainmak 0
ath_get_caps[4278] tx chainmask mismatch actual 1 sc_chainmak 0
Create OS_MESGQ Successfully at 0x80c103c0
osifp->queue_head = 0x80c106c0
ag7240MemInit: allocated, dmabuf=0x80b49a20, buffend = 80c02924
Entering Task Loop
Entering WLAN event Task Loop
-->wps is shutdown!
ERROR:wireless OR ACL disable
sending message 80b2aca0,24
TDDP: Now listening client request.
tddp is running.
wmosSemMCreate() pMud->mudDataSem:-2136170640



Software Platform for MIPS
Copyright(C) 2001-2010 by TP-LINK TECHNOLOGIES CO., LTD.
Creation date: Nov 28 2012, 11:22:09
# Starting WLAN !!!!
AP_STARTMODE=standard
AP_ENABLE=1
ATH_COUNTRYCODE=156
wlan_vap_create : enter. devhandle=0x803aed40, opmode=IEEE80211_M_HOSTAP, flags=0x1
wlan_vap_create : exit. devhandle=0x803aed40, opmode=IEEE80211_M_HOSTAP, flags=0x1.
osif_ioctl_create_vap: vap 0x80ffe970 vap->iv_unit 0
ieee80211_end_load: load done
ath0 end flag = 0x00028802
default
default
default
IEE80211-FREQ IOCTL vap 0x80ffe970 0,0,0
AP_CHMODE=11NGHT40PLUS

WLAN IOCTL AP_CHMODE=11NGHT40PLUS=11NGHT20=11NGHT40PLUS=1003
IEE80211-MODE IOCTL 1,11NGHT40PLUS,13
set mode 11,-2130709132,6
set mode retv 0

WLAN IOCTL AP_PRIMARY_CH=auto=1=auto=1002
IEE80211-FREQ IOCTL vap 0x80ffe970 0,0,11

WLAN IOCTL PUREG=0=0=0=1004
IEEE80211-SETPURGE IOCTL 0

WLAN IOCTL AP_HIDE_SSID=0=0=0=1005
IEEE80211-SETHIDESSIDIOCTL 0

WLAN IOCTL AP_ISOLATION=0=0=0=1034
IEE80211-setparam-nobridge 0

WLAN IOCTL AP_TX11NRATE==0=0=1041
set auto rate

WLAN IOCTL AP_11G_PROTECTION==0=0=1042

WLAN IOCTL AP_BEACON_INTERVAL=100=100=100=1043

WLAN IOCTL AP_FRAGMENT_THRESHOLD=2346=2346=2346=1044

WLAN IOCTL AP_RTS_THRESHOLD=2346=2347=2346=1046

WLAN IOCTL AP_DTIM_PERIOD=1=1=1=1045

WLAN IOCTL AP_WMM_ENABLE=1=1=1=1051

WLAN IOCTL AP_WMM_NOACK==0=0=1052
IOCTL set wmm noack 0

WLAN IOCTL AP_CYPHER_2==CCMP=CCMP=1000
Get EIOCGADDR

WLAN IOCTL AP_NO_EDGE_CH==0=0=1056

WLAN IOCTL AP_MCASTRATE==0=0=1018

WLAN IOCTL AP_MACFILTER_MODE==0=0=1038

WLAN IOCTL AP_MACFILTER_LIST====1000
Get EIOCGADDR

WLAN IOCTL AP_SHORT_GI=1=1=1=1055

WLAN IOCTL AP_DISABLECOEXT=1=0=1=1075

WLAN IOCTL AP_SSID=TP-LINK_6C578C=Hornet_test_xxxxxxx=TP-LINK_6C578C=1001
IEE80211-ESSID IOCTL 1,TP-LINK_6C578C,15
AP_CHMODE=11NGHT40PLUS
AP_CWMMODE=1
IEE80211-CWMMODE IOCTL 1
AP_AMPDU=0
AP_PURE_N=0
AP_TX_CHAINMASK=1
AP_RX_CHAINMASK=1
AP_SECMODE=None
WPS_ENABLE=0
Security Mode: None
IEE80211-setparam-authmode 1
AP_MACFILTER_MODE=0
ieee80211_open

wantypeDetectionDaemon() in Wantype.c
FIXME: ar9300GetMinCCAPwr
FIXME: ar9300GetMinCCAPwr
FIXME: ar9300GetMinCCAPwr
FIXME: ar9300GetMinCCAPwr
FIXME: ar9300GetMinCCAPwr
FIXME: ar9300GetMinCCAPwr
FIXME: ar9300GetMinCCAPwr
FIXME: ar9300GetMinCCAPwr
FIXME: ar9300GetMinCCAPwr
FIXME: ar9300GetMinCCAPwr
FIXME: ar9300GetMinCCAPwr
FIXME: ar9300GetMinCCAPwr
ar9300LoadNF: *** TIMEOUT while waiting for nf to load: AR_PHY_AGC_CONTROL=0x1d0d5a ***
ar9300LoadNF: *** TIMEOUT while waiting for nf to load: AR_PHY_AGC_CONTROL=0x1d0d5a ***

WLAN IOCTL AP_BASICRATES====1039

WLAN IOCTL AP_DEBUG=0==0=1062

WLAN IOCTL AP_TX_POWER====1073
Starting Hostapd
AP_SSID=TP-LINK_6C578C
AP_HOSTAPD_DEBUG=
AP_IPADDR=192.168.1.2
AP_SECMODE=None
WPS BSS init
WPS_ENABLE=0
AP_SECMODE=None
WPS OPEN BSS init
Adding ath0 in bridge ...
default
Set EIOCGMIB2
default


ブート時に「Press Ctrl+C to stop auto-boot...」と言って来ているので、Ctrl+C を押しながら電源を入れるとブートローダ部分と思われる所で処理が止まって "?" を入力するとコマンド一覧を見ることが出来ました。



________ ________ __ __ ____ _ __ ___
|________|| ___ | | | | || \ | || | / /
| | | |___| | __ __ | | | || \| || |/ /
| | | _____| |__ __| | |___ | || |\ || \
|__| |__| |______||__||_| \____||__|\___\


Software Platform for MIPS
Creation date: Aug 24 2011, 18:58:10 (chenyunchuan@tp-link.net)
Copyright(C) 2001-2010 by TP-LINK TECHNOLOGIES CO., LTD.
CPU: AR9330: AP121 Board
CPU freq: 400 MHZ
SDRAM size: 8 MB
ipaddr:192.168.1.1
serverip:192.168.1.100
file:vxWorks.img


Attaching interface lo0... done
Rx clbufs 768 each of size 1756
eth_rx_netpool_init: allocated, pDmaBuf=0x80637910, buffend = 80782514
ATHRS26: resetting s26
ATHRS26: s26 reset done
eth_rx_netpool_init: done already!
Attached IPv4 interface to mirror unit 0
Press Ctrl+C to stop auto-boot...
Stop auto-boot...
#
#
#
# ?
command description
-------------------------------
? print all commands
flash flash [read | write | erase | modify] offset dataAddr len
go start application at address 'addr':go [addr]
help print all commands
md memory display, limited 16KB:md start_addr len
mm memory modify:mm addr value
printenv print environment variables
reboot reboot the systerm
setenv [ipaddr | ipmask | serverip | file | delay]
tftp tftp [host] [get | put] [source] [destination] [-d]
update update [boot | vxWorks] [host] [image]
ping ping host
# printenv
magicNumber:0x424f4f54
bootDev:mirror
unitNum:0
ipaddr:192.168.1.1
ipmask:255.255.255.0
gateway:192.168.1.1
serverip:192.168.1.100
file:vxWorks.img
delay:1


"magicNumber" ってのが怪しいですが、何なのかは不明です。

元のOSには VxWorks が使われているみたいですが、Linuxを使用したOpenWrtも行けそうな雰囲気です。OpenWrtでは TL-WR800N 用のファームを書き込める的な事が書かれているので、挑戦してみようと思います。
スポンサーサイト

tag : TL-WR700N

tag : Linux

黒ねこ時計 くろック D02
プロフィール

jujurou

Author:jujurou
運営HP:チャコの部屋
Twitter:jujurou

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザタグ

RaspberryPi ぺるけ Linux TRminiWatterPart4 トランジスタ式ミニワッター MPD イーサネットコンバータ OpenOCD DAC FON2405E buildroot FM3ペリフェラル BeagleBoneBlack library FM3評価ボード ODROID-U2 mingw OpenGL TL-WR700N Edison bitbake KiCad VMware シングル FM4 ミニワッター 6N6P 計測 

月別アーカイブ
ランキング

FC2 Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Twitter