FMラジオピッチ変換基板使用

以前に作成したRDA5800Cの変換基板、何か壊してしまったみたいです。基板ではなく、ICの方を。一度も動いてなかったので何とも言えませんが、I2Cが反応してくれないところを見ると、ICがお亡くなりになった率が高いです。0.5mmピッチにUEW直付けってのは初めてで、結構半田で熱してしまってましたしね。

なので、2号機を作成しました。といっても、流石に前回と同じ様にUEW直付けは気力が持ちませんので、今回は素直にピッチ変換基板を使いました。この基板はQFP用かつ、裏面にPADが無いIC用なので各端子がPADに付かない様にパターンをカッターで少々削り、真ん中に穴を開けて裏面からPAD用の配線を出すようにしました。

RIMG0130

RIMG0131


チョッとずるをして、ChaNさんが作成されたRDA5800CのサンプルをATtiny2313へ書き込んでテストしてみたところ、無事にラジオを聞く事が出来ました。

これで、ハード面はOKな事が分ったので、自分用のプログラムを作成したいと思います。

スポンサーサイト
黒ねこ時計 くろック D02
プロフィール

jujurou

Author:jujurou
運営HP:チャコの部屋
Twitter:jujurou

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザタグ

ぺるけ RaspberryPi Linux トランジスタ式ミニワッター TRminiWatterPart4 MPD OpenOCD イーサネットコンバータ FON2405E DAC buildroot FM3ペリフェラル BeagleBoneBlack FM3評価ボード library OpenGL mingw ODROID-U2 TL-WR700N Edison bitbake KiCad 計測 VMware シングル FM4 ミニワッター 6N6P プリアンプ 

月別アーカイブ
ランキング

FC2 Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Twitter