KiCadを使ってみた。

今まで、回路図エディタのBSch3Vが気に入っていたのでその延長でCADソフトは Minimal Board Editor(MBE) を使っていた。MBEって結構自由度が高くてすごくいい感じで使い続けているのだけど、トラ技でKiCadが取り上げられているのを見てお試しで使ってみようと思い基板を作ってみました。

KiCadの使い方はググればいっぱい出てくるのでそっちに任せて…。自分が作ったのは簡単すぎず難しすぎず、実用性のある物として USB-UART 変換基板を作成することにしました。

6年前に秋月のキットとレベル変換ICを使って作った物をオリジナル基板にしただけなんですけどね。常々もう2つないし1つ欲しいと思っていたのでこれが最適かなと。

回路図はこんな感じです。

usb_uart_circuit_diagram.png

前回作成したのでは必ずリファレンス電圧を相手からもらう設計だったけど、5V, 3.3Vだけは自前で供給できるようにしました。その他の電圧の場合は相手からもらうということで。この改良をしたかったのも目的の1つだった訳です。

KiCadって結構MBEに似た思想と思える部分が多く少し好感触。いつの間にか手配線ですましてしまって自動配線機能を使わずじまいになってしもたです。この点は次の機会に使ってみることにする。

まー、初めて使うCADソフトで不慣れだったのと注意力が欠けていて2点やってしまいました。それは、mini-USBコネクタのパッドをリフロー用と思われる物を使ってしまって手はんだがやりずらくなった事と、隣り合う部品の番号を逆に配置してしまった事です(パターンは会っててシルクが間違っている)。

usb_mini_b.png usb_uart_cg_c9.png

基板発注はこれまた初めてのELECROW。いつもはFusionPCBだったけどなんとなく変えてみた。ELECROWで一番驚いたのは基板が出来上がって発送するときにできた基板の写真を送ってきた事。作成までちゃんとやったから後は配送業者の責任だよ的な意味合いなのかな?

基板が到着して、早速3枚作ってみました…本当は4枚だったのだけど、やはりmini-USBコネクタのところのはんだ付けが難しく、1枚失敗しちゃったんですね orz

動作確認もしてイッチョアガリ!

IMG_20160724_182215.jpg
スポンサーサイト

tag : KiCad

黒ねこ時計 くろック D02
プロフィール

jujurou

Author:jujurou
運営HP:チャコの部屋
Twitter:jujurou

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザタグ

RaspberryPi ぺるけ Linux TRminiWatterPart4 トランジスタ式ミニワッター MPD イーサネットコンバータ OpenOCD DAC FON2405E buildroot FM3ペリフェラル BeagleBoneBlack library FM3評価ボード ODROID-U2 mingw OpenGL TL-WR700N Edison bitbake KiCad VMware シングル FM4 ミニワッター 6N6P 計測 

月別アーカイブ
ランキング

FC2 Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Twitter