三段全段差動プッシュプルアンプ_6P43P-E(その9)

出力トランスをRコアの物にしても結局の所、100Hzの歪み率は妙な曲がり具合(1kHz,10kHzとは明らかに異なる)になっていました。データとして保存していませんでしたが…。

出力管、出力トランスと変えてきて音の良い方向への変化は有ったもののやはり歪み率は気になります。ここまでくれば、ドライバ管も変更してみることに。これに関してはあーでもないこーでもないとグダグダと長い間決めかねていました。が、決まるときは一瞬でした。何と、6BQ7Aのピン配置と6DJ8のピン配置が同じなのです。ヒータの使用電流が少し異なるくらい。もちろん、真空管としての特徴は全然異なりますが、アンプビルダーなら誰でも知っている6DJ8です。私も数は少ないですが、手持ちに同等管のE88CCがあったのでこれを採用することにしました。

試しにそのままの電圧とプレート抵抗(33kΩ)でロードラインを引いてみると、動作点は2mA,128Vで、バイアスが-4Vと問題なさそうなので、6BQ7Aと入れ替えるだけにしてみました。

3diffpp_6p43pe_ei_36.png

この構成(2SK30A + E88CC(33kΩ) + 6GC5, Rコア)で歪み率を計測した結果が以下です。

3diffpp_6p43pe_ei_37.png

100Hzもグッと下がって全体的に全段差動プッシュプルらしい曲線に成りました。気になる点としては右下がりになっている部分で、ここはどの時間に計測しても100,1k,10kHzがそろう事が無かったです。周波数毎に固有の雑音が発生しているのでしょうか。

音出しをしてみると、6BQ7Aの時とは全く異なった味があります。高音から低音までしっかり出ていて特に中音から低音がしっかり出過ぎているのではないかといった具合です。一部の低音はスピーカのバスレフポートからボスボス出過ぎてスピーカの性能の限界を感じます。
スポンサーサイト



tag : ぺるけ

tag : 6P43P-E

tag : 全段差動プッシュプル

tag : 三段化

黒ねこ時計 くろック D02
プロフィール

jujurou

Author:jujurou
運営HP:チャコの部屋
Twitter:jujurou

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザタグ

ぺるけ Linux RaspberryPi 三段化 6P43P-E 全段差動プッシュプル トランジスタ式ミニワッター 6P43P TRminiWatterPart4 MPD DAC OpenOCD FON2405E buildroot イーサネットコンバータ FM3ペリフェラル Bluetooth BeagleBoneBlack ODROID-U2 library FM3評価ボード mingw OpenGL 6N6P bitbake KiCad 計測 プリアンプ Edison VMware FM4 ミニワッター シングル TL-WR700N 

月別アーカイブ
ランキング

FC2 Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Twitter