スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーディオ用 R-2R型DAC (その8)

表面実装の MOS-FET をユニバーサル基板に実装しやすくするために、"足" を付けてみました。

RIMG0066

φ4mmの錫メッキ銅線を各端子に半田付けし、その上からホットボンドで塗り固めて何かの拍子に取れたりしないようにしてみました。

ブレッドボードを使って簡易版LED点滅回路を作って試してみたところ、ちゃんと機能していました。N-chのFETなのでPull-Downしておき、9Vに繋がったICクリップでゲートを摘むとLEDが点灯し、放すと消灯します。

RIMG0065

コレを N-ch だけで 16x2=32個 作る事になります。

4V動作 低ON抵抗(数十mΩ)でスルーホールドタイプの MOS-FET、かつ安いのが手に入っていればこんな苦労はしなくてもいいのですが…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこ時計 くろック D02
プロフィール

jujurou

Author:jujurou
運営HP:チャコの部屋
Twitter:jujurou

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザタグ

ぺるけ RaspberryPi Linux トランジスタ式ミニワッター TRminiWatterPart4 MPD OpenOCD イーサネットコンバータ FON2405E DAC buildroot FM3ペリフェラル BeagleBoneBlack FM3評価ボード library OpenGL mingw ODROID-U2 TL-WR700N Edison bitbake KiCad 計測 VMware シングル FM4 ミニワッター 6N6P プリアンプ 

月別アーカイブ
ランキング

FC2 Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。