スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当にJTAG経由で情報が取れているかの確認

以下の内容の.cfgファイルを作成してOpenOCDを動かして telnet 上から scan_chain と打つと、ちゃんと正確なIDCODEを表示していたので、確実にJTAG通信から取得している事が解りました。IrLen,IrCap,IrMask という項目もあるけど、IrMaskが異なる値を示していたけど、これはMPU情報を与えないといけない項目なのかな?

--------- test.cfg -----------------------------
interface ft2232
ft2232_device_desc "Amontec JTAGkey"
ft2232_layout jtagkey
ft2232_vid_pid 0x0403 0xcff8

jtag_nsrst_delay 200
jtag_ntrst_delay 200

jtag_khz 500
------------------------------------------------


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこ時計 くろック D02
プロフィール

jujurou

Author:jujurou
運営HP:チャコの部屋
Twitter:jujurou

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザタグ

ぺるけ RaspberryPi Linux トランジスタ式ミニワッター TRminiWatterPart4 MPD OpenOCD イーサネットコンバータ FON2405E DAC buildroot FM3ペリフェラル BeagleBoneBlack FM3評価ボード library OpenGL mingw ODROID-U2 TL-WR700N Edison bitbake KiCad 計測 VMware シングル FM4 ミニワッター 6N6P プリアンプ 

月別アーカイブ
ランキング

FC2 Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。