パスコン on ピッチ変換基板

ダイセン電子工業の8Pのピッチ変換基板は表が0.65mmピッチ、裏が1.27mmピッチのSSOP/SOPタイプの部品を取り付けられるようになっています。表と裏のパッドはピンの位置は違うが、繋がっている事に着目して、パスコンを変換基板へ付けてしまおうと思いました。

以前は変換基板の外の相手側の基板上に付けていたのですが、少しオックウになってしまって…。で、やりだしたのが変換基板に取り付ける連結ソケットへ足ありの積層セラミックコンデンサを付けるって方法です。JTAGkey clone作成時もこの方法でパスコンを付けています。が、SN74LVC2T24 なんかはVcca,Vccb用にパスコンを2個付けたりするのでどうしても立てて取り付けなくてはならず、正に縦方向へ伸びてしまう & そのままだとどっかに引っかけて取れそう(しっかり半田付けしているのでそう簡単には取れないですが)なので何か良い方法はないかと考えてました。で、上記方法を思いついたのです。

ピッチ変換基板へは連結ソケットを付けます。これ、付けた時に横から見ると分るのですが、真ん中付近は縦方向に隙間が出来ています。ココにチップコンデンサを入れてしまえばいいのです。

私がやった方法は、部品を取り付ける面と反対の面の導通しているパッドを探し、パスコンを取り付けないパッド & ビアをカプトンテープ(ポリイミドテープ)で絶縁し、その上にチップコンデンサを付けるといった方法です。表裏のパッドの位置関係を事前にしっかりチェックしておけば、割と簡単にできます…0.65mmピッチ側に取り付ける場合は難しいかも…、この場合は不要なパッドを削るとかした方が楽なのかもしれません。使用したコンデンサは2012サイズです。

RIMG0162

RIMG0163

RIMG0164

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこ時計 くろック D02
プロフィール

jujurou

Author:jujurou
運営HP:チャコの部屋
Twitter:jujurou

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザタグ

ぺるけ RaspberryPi Linux TRminiWatterPart4 トランジスタ式ミニワッター MPD イーサネットコンバータ OpenOCD buildroot DAC FON2405E FM3ペリフェラル BeagleBoneBlack ODROID-U2 mingw FM3評価ボード library OpenGL FM4 bitbake KiCad 計測 プリアンプ Edison VMware 6P43P ミニワッター 6N6P シングル TL-WR700N 

月別アーカイブ
ランキング

FC2 Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Twitter