スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーディオ用 R-2R型DAC (その14)

FETのゲートに発振防止用に入れていた抵抗を無効化してみました。結果、正にダンピングしていた部分は消えましたが、根本的なFETのON/OFF時間の短縮にはつながりませんでした。

fet_r2r_non_dump_reg_400kHz_01

fet_r2r_non_dump_reg_400kHz_02

ん~、ON/OFFに4μs位かかってます。44.1kHzの信号では22μsで変化するのでその1/5の時間安定していないことになります。192kHzの信号に至っては5.2μsで変化するので殆ど本来の信号になっていないでしょう。

原因は、FETのG-S間に溜まった電荷が早く抜けなくてON/OFF時間が遅延してしまう事なのでしょうか? とりあえず、貫通電流以前の問題ですね。上野さんのように汎用ICをパラに使って内部抵抗を下げる方法の方が良いのでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこ時計 くろック D02
プロフィール

jujurou

Author:jujurou
運営HP:チャコの部屋
Twitter:jujurou

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザタグ

ぺるけ RaspberryPi Linux トランジスタ式ミニワッター TRminiWatterPart4 MPD OpenOCD イーサネットコンバータ FON2405E DAC buildroot FM3ペリフェラル BeagleBoneBlack FM3評価ボード library OpenGL mingw ODROID-U2 TL-WR700N Edison bitbake KiCad 計測 VMware シングル FM4 ミニワッター 6N6P プリアンプ 

月別アーカイブ
ランキング

FC2 Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。