スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LEDカーブトレーサ(2)

前回の回路は両電源でかつ、100VACからとるようにしていたので複雑になりすぎていた。というか、何も考えてないのがバレバレの回路になっていた。LEDの特性の計測なので、それほど大げさにしなくてもよい。また、少し考えれば分かる事だが、正負両電源なんて必要ない。006Pの乾電池を使って単電源で動作するOPアンプを使えば、マイコン用に5Vに降圧するだけですむ。

LED_gauge

会社の休み時間にメモ用紙の裏側に手書きした回路図です。
回路は前回の物と同じ構成だけど、電圧降下やその他色々考えるとシンプルにできる。計測のAD変換はマイコンで行って、電圧制御用のDACは外部のチップを使うのが楽だな。マイコンはATtiny2313を使えば、PCとの通信にUSARTが使えるし、DAC制御にSPIを使うことができる。

この回路、まだ理解していない部分があって、値を決められていない抵抗が2カ所あるので何とか理解して値を決めねば。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

度忘れ

ATtiny2313にはA/D変換がないのを忘れていた。
ATmega168Pとかにしよう。
黒ねこ時計 くろック D02
プロフィール

jujurou

Author:jujurou
運営HP:チャコの部屋
Twitter:jujurou

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザタグ

ぺるけ RaspberryPi Linux トランジスタ式ミニワッター TRminiWatterPart4 MPD OpenOCD イーサネットコンバータ FON2405E DAC buildroot FM3ペリフェラル BeagleBoneBlack FM3評価ボード library OpenGL mingw ODROID-U2 TL-WR700N Edison bitbake KiCad 計測 VMware シングル FM4 ミニワッター 6N6P プリアンプ 

月別アーカイブ
ランキング

FC2 Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。