スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルミダイキャストの加工

Fuzz Super Edge 2 用のケースにそれぞれの部品を取り付ける為の穴開け加工をしました。雑誌は結構不親切だな~と思う点があり、見事にそれにはまってしまいました。代案はあるので、使用者が改造とかしようとしなければ分からないでしょう。

RIMG0238

雑誌に書いてなかった事は、ステレオジャックの Ring にあたる部分と Sleeve にあたる部分を使って電源SWにしているという事(モノラルプラグを刺すと導通します)と、アルミダイキャスト自体をGND線の代わりに使っているという事。オーディオ機器の感覚で筐体へのGND接続は1点にしようとしていたのですが、これが仇となってしまいました。穴開け中にこの事実に気がつき…というか時既に遅しだったのですが、リカバリーはできます。

アルミダイキャストは初めて加工したのですが、以外と柔らかいですね。ドリルで穴を開ける時も、リーマーで穴を広げる時も面白いように削れて危うく削りすぎる所でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこ時計 くろック D02
プロフィール

jujurou

Author:jujurou
運営HP:チャコの部屋
Twitter:jujurou

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザタグ

ぺるけ RaspberryPi Linux トランジスタ式ミニワッター TRminiWatterPart4 MPD OpenOCD イーサネットコンバータ FON2405E DAC buildroot FM3ペリフェラル BeagleBoneBlack FM3評価ボード library OpenGL mingw ODROID-U2 TL-WR700N Edison bitbake KiCad 計測 VMware シングル FM4 ミニワッター 6N6P プリアンプ 

月別アーカイブ
ランキング

FC2 Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。