RDA5800Cモジュール基板実装&テスト実施

連結ピンがパッドに接触している可能性があったのだが、導通チェックを何度しても反応しなかったので、ギリギリセーフの可能性もあると判断し、全部の部品を半田付けしました。一応、フラックス洗浄剤でフキフキしたのだが、写真を見ると綺麗に拭き取れてない様ですね…。

RIMG0261

RIMG0262

C3の 0.1μF 1608サイズのチップコンデンサは既に購入していると思っていたが、2012サイズ物だったのでチョッと焦りましたが、ギリギリ乗せる事ができました。1608サイズ品を買っておこう。

半田付けし終わって問題のピンがR3~5に接触していないか導通チェックをしてみましたが、やはり導通はしてませんでした。なので、テスト用に作っておいたプログラムをATtiny2313へ書き込んでいきなり動作確認してみたところ、動きました!!!

ブレッドボード上でRDA5800CモジュールとATtiny2313を結線しましたが、モジュールにまだ考慮もれがありました。モジュール上でリセット端子をプルダウンしておけばよかったと反省です。新基板発注時にはプルダウン抵抗も追加しておきましょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこ時計 くろック D02
プロフィール

jujurou

Author:jujurou
運営HP:チャコの部屋
Twitter:jujurou

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザタグ

ぺるけ RaspberryPi Linux トランジスタ式ミニワッター TRminiWatterPart4 MPD OpenOCD イーサネットコンバータ FON2405E DAC buildroot FM3ペリフェラル BeagleBoneBlack FM3評価ボード library OpenGL mingw ODROID-U2 TL-WR700N Edison bitbake KiCad 計測 VMware シングル FM4 ミニワッター 6N6P プリアンプ 

月別アーカイブ
ランキング

FC2 Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Twitter