スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低歪み率正弦波発振器の作成(その1)

オーディオアンプの歪み率を測定するために必要になった低歪み率正弦波発振器。CG-102R1 というICを見つけたので購入し、作ってみました。

実装写真とアンプ無しでUSBオーディオI/Fのライン入力に入れて WaveSpectra で歪み率を出した結果です……。

RIMG0276

RIMG0275


No_Filter_100Hz
100Hz

No_Filter_1kHz
1kHz

No_Filter_10kHz
10kHz

100Hz と 1kHz は歪み率(THD+N)が 0.002%台でかなり優秀です……が、10kHzの歪み率が 0.015%と1桁悪いのです。CG-102R1 の仕様上、10kHzでも 0.005% くらいは出るはずなのですが…。CG-102R1 の後ろに付けたOPアンプ(LME49710)を単なるボルテージ・フォロアにしたのですが、やはり、このくらいの周波数になると実装面が影響してくるので、LPFにしておくべきでした。

あっ、それと、今回はケースにYM-130を使っているのですが、全部を片側に実装したかった都合で黒い面に部品を取り付けています。で、いつもと違ったからなのか、電源とボリュームの位置を左右反対に付けてしまいました。また、ロータリーSWも左から 10k,1k,100Hz といったトンチンカンな実装をしてしまっています…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこ時計 くろック D02
プロフィール

jujurou

Author:jujurou
運営HP:チャコの部屋
Twitter:jujurou

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザタグ

ぺるけ RaspberryPi Linux トランジスタ式ミニワッター TRminiWatterPart4 MPD OpenOCD イーサネットコンバータ FON2405E DAC buildroot FM3ペリフェラル BeagleBoneBlack FM3評価ボード library OpenGL mingw ODROID-U2 TL-WR700N Edison bitbake KiCad 計測 VMware シングル FM4 ミニワッター 6N6P プリアンプ 

月別アーカイブ
ランキング

FC2 Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。