スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FM3 Flash書き込み&動作確認

MB9BF506のFlashへプログラムを書き込み、動作を確認しました。といっても、LEDチカチカまで行けなかったので、まだプロトタイプ状態のプログラムです。

コンパイラには「Sourcery G++ Lite 2011.03-42 for ARM EABI」を使用しています。少し古いですが、プロトタイプ作成開始時点でこのバージョンだったのでそのままにしてます。

Makefileやリンカスクリプト周りはねむいさんのブログで公開されている他ARM Cortex-M3用のを参考にして作りました。CMSISがらみは富士通のサンプルプログラムからほぼパクってきています。レジスタの定義周りをHWマニュアルを参考にして自分で作るのはかなりチマチマ作業になるのでパクって楽をしました。

現状のプログラムは、PLLとバスクロックの設定をしてmain関数内で変数をひたすらインクリメントするだけの内容になってます。OpenOCDで繋いでFlashへ書き込み、haltで止めてstep実行してPCがmain関数内の特定位置(逆アセンブル結果から処理を特定)をぐるぐる回っているのを確認しました。

プログラムはこちら。
fm3_test_project_20120212.zip

OpenOCDだけでのstep実行確認

fm3_flash_write_20120212

clone Jtagkey2 と接続してデバッグしている風景です。

RIMG0349

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこ時計 くろック D02
プロフィール

jujurou

Author:jujurou
運営HP:チャコの部屋
Twitter:jujurou

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザタグ

RaspberryPi ぺるけ Linux TRminiWatterPart4 トランジスタ式ミニワッター MPD イーサネットコンバータ OpenOCD DAC FON2405E buildroot FM3ペリフェラル BeagleBoneBlack library FM3評価ボード ODROID-U2 mingw OpenGL TL-WR700N Edison bitbake KiCad VMware シングル FM4 ミニワッター 6N6P 計測 

月別アーカイブ
ランキング

FC2 Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。