Cygwin(mingw32)でOpenOCD作成 その2

前回記載した内容で、ST-Linkを使える様にしたつもりだったのですが、そうは問屋が卸してくれませんでした。libusbを使うようにしていませんでした。TinCanTools wikiではlibusbを使える準備までして、実際には使っていなかった様に見受けられます。

実際には --enable-stlink だけではなく --enable-libusb0 のオプションも必要です。

libusbを使用するには、libusb-win32をインストールし、コンパイル時に使用するライブラリファイルを所定の位置に置いておく必要があります(指定すれば任意の場所なのかも)。で、その位置ですが、\libusb-win32-bin-1.2.6.0\lib\gcc\libusb.a/lib, /usr/i686-pc-mingw32/sys-root/mingw/lib。また、ヘッダーファイルもコピーします。ただし、ヘッダーファイルはファイル名が変更されています。OpenOCDのソースコード中では変更はされていないので usb.h へリネームしてからコピーします。 \libusb-win32-bin-1.2.6.0\include\lusb0_usb.husb.h とし、/usr/include, /usr/i686-pc-mingw32/sys-root/mingw/include へコピーする。

後は、オプションの指定追加以外は前回の記載内容と同じです。

$ ./configure --enable-maintainer-mode --disable-werror --disable-shared --enable-ft2232_ftd2xx --with-ft2xx-win32-zipdir=ftd2xx --enable-stlink --enable-libusb0 CFLAGS="-O2" --build=i686-pc-cygwin --host=i686-pc-mingw32

$ make

$ cd ./src/

$ i686-pc-mingw32-objdump.exe -p ./openocd.exe | grep dll 2>&1 | tee log.txt
DLL Name: FTD2XX.dll
DLL Name: KERNEL32.dll
DLL Name: msvcrt.dll
DLL Name: msvcrt.dll
DLL Name: libusb0.dll
DLL Name: USER32.dll
DLL Name: WS2_32.dll



libusb0.dllが加わっている事が分かります。

実際にSTM32VLDISCOVERを使って動作確認もしました。
作成した物は 物置 に置きました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこ時計 くろック D02
プロフィール

jujurou

Author:jujurou
運営HP:チャコの部屋
Twitter:jujurou

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザタグ

ぺるけ RaspberryPi Linux TRminiWatterPart4 トランジスタ式ミニワッター MPD イーサネットコンバータ OpenOCD buildroot DAC FON2405E FM3ペリフェラル BeagleBoneBlack ODROID-U2 mingw FM3評価ボード library OpenGL FM4 bitbake KiCad 計測 プリアンプ Edison VMware 6P43P ミニワッター 6N6P シングル TL-WR700N 

月別アーカイブ
ランキング

FC2 Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Twitter