スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝動買い

マイコンを使用して正負が混合した電圧を計測したくなった。マイコンのADCは私の知る限りでは全て「正」の電圧しか扱えなく、その範囲も GND~Vcc になっている。なので、「負」の電圧を計測するには外部回路で「正」の電圧に変換しなければならない。その時に必然的に負の電圧が必要となり、回路が複雑化してくるので二の足を踏んでいた。

ふとした切っ掛けで、すいか村の電子工房というblogAD8275 というADCドライバを知った。このチップは単電源で±10Vの信号を+4Vレベルに変換する事ができるらしい。それを知って衝動買いです。

送料無料にする為に、チョい足しで S22083(パルストランス)を買い増しした。


[Digi-key]
 AD8275BRMZ-R7 526.9円 x10
 S22083 636.7円 x10
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

負電圧を計るのに、電源電圧(+5Vなど)と測定対象の電圧との間を抵抗で分圧して、0~電源電圧にレベル変換するとかではどうでしょうか?

Re: No title

今回の買い物は正に衝動買いです。

実は、抵抗で分圧する方法は一度考えた事あるのです。が、温度によって抵抗値が変化し、0Vの調整が難しいと結論付けた気がします。それと、負電圧になる可能性があるのが嫌だった事も…。

今考えてみると、ADCをフルbitで使おうとしなければ、毎回使用する前に0Vの調整(マイコン内でオフセットを調整する)をすれば、抵抗分圧でも良かったのではないかと思ってます。
黒ねこ時計 くろック D02
プロフィール

jujurou

Author:jujurou
運営HP:チャコの部屋
Twitter:jujurou

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザタグ

ぺるけ RaspberryPi Linux トランジスタ式ミニワッター TRminiWatterPart4 MPD OpenOCD イーサネットコンバータ FON2405E DAC buildroot FM3ペリフェラル BeagleBoneBlack FM3評価ボード library OpenGL mingw ODROID-U2 TL-WR700N Edison bitbake KiCad 計測 VMware シングル FM4 ミニワッター 6N6P プリアンプ 

月別アーカイブ
ランキング

FC2 Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。