スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OpenOCD-0.6.0-rc1 with WinUSB (64bit版)

OpenOCD-0.6.0-rc1(32bit版)作成に続き、64bit版の作成です。

それぞれのファイルは32bit版作成時にDLしているのでそれを使いまわします。
なので、32bit版の方を見てから以下の手順を参考にされた方が正確です。
ビルド環境はまたしても Ubuntu 12.04 です。


OpenOCD: 0.6.0-rc1
libftdi: 0.20
libusb0: 1.2.6.0
libusb-1.0(WinUSB): 1.0.9


----- Ubuntu 12.04 LTS ----------

■libusb0を準備する
$ cd ~/tool_temp/libusb-win32-bin-1.2.6.0/bin/amd64/
$ gendef ./libusb0.dll
$ x86_64-w64-mingw32-dlltool -d ./libusb0.def -l ./libusb.a
$ sudo cp ./libusb.a /usr/x86_64-w64-mingw32/sys-root/mingw/lib/
$ sudo cp ./libusb0.dll /usr/x86_64-w64-mingw32/sys-root/mingw/bin/
$ sudo cp ../../include/lusb0_usb.h /usr/x86_64-w64-mingw32/sys-root/mingw/include/usb.h


■libusb-1.0をビルドする
$ cd ~/tool_temp/libusb/
$ make clean
$ ./autogen.sh
$ ./configure --prefix=/usr/x86_64-w64-mingw32/sys-root/mingw --build=i686-linux-gnu --host=x86_64-w64-mingw32
$ make
$ sudo make install


■libftdiをビルドする
$ cd ~/tool_temp/
$ mkdir ./libftdi_x86_64
$ cd ./libftdi_x86_64/
*** Toolchain-mingw64.cmake ファイルを編集し、パラメータディレクトリに保存する ***
$ cmake -DCMAKE_TOOLCHAIN_FILE=../../param_file/Toolchain-mingw64.cmake -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/x86_64-w64-mingw32/sys-root/mingw ..
$ make
$ sudo make install
$ sudo mv /usr/x86_64-w64-mingw32/sys-root/mingw/bin/libftdi.a /usr/x86_64-w64-mingw32/sys-root/mingw/lib
$ sudo mv /usr/x86_64-w64-mingw32/sys-root/mingw/bin/libftdi.dll.a /usr/x86_64-w64-mingw32/sys-root/mingw/lib


■OpenOCDをビルドする
$ cd ~/tool_temp/openocd/
$ make clean
$ ./configure --enable-maintainer-mode --disable-werror --disable-shard --enable-ft2232_libftdi --enable-ftdi --enable-jlink --enable-vsllink --enable-stlink --build=i686-linux-gnu --host=x86_64-w64-mingw32 CFLAGS="-I/usr/x86_64-w64-mingw32/sys-root/mingw/include" LDFLAGS="-L/usr/x86_64-w64-mingw32/sys-root/mingw/lib -lusb-1.0"
$ make
$ x86_64-w64-mingw32-strip ./src/openocd.exe


■windows環境に持って行く
作ったdllとexe等をwindows環境に持って行きます。
持って行くファイルは次の場所にあります。tclディレクトリ以外はopenocd.exeと同じディレクトリに入れておきます。

/usr/x86_64-w64-mingw32/sys-root/mingw/bin/libusb0.dll
/usr/x86_64-w64-mingw32/sys-root/mingw/bin/libusb-1.0.dll
/usr/x86_64-w64-mingw32/sys-root/mingw/bin/libftdi.dll
~/tool_temp/openocd/src/openocd.exe
~/tool_temp/openocd/tcl ← ディレクトリ丸ごと必要


それぞれの電源を入れて…以下のコマンドを打てば繋がります。

> ./openocd.exe -s ./tcl -f interface/ftdi/jtagkey.cfg -f target/fm3.cfg

後はtelnetでアクセスしたり、してください。


作成したファイルは【物置】に置いています。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこ時計 くろック D02
プロフィール

jujurou

Author:jujurou
運営HP:チャコの部屋
Twitter:jujurou

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザタグ

ぺるけ RaspberryPi Linux トランジスタ式ミニワッター TRminiWatterPart4 MPD OpenOCD イーサネットコンバータ FON2405E DAC buildroot FM3ペリフェラル BeagleBoneBlack FM3評価ボード library OpenGL mingw ODROID-U2 TL-WR700N Edison bitbake KiCad 計測 VMware シングル FM4 ミニワッター 6N6P プリアンプ 

月別アーカイブ
ランキング

FC2 Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。