Versaloon基板を自作してみる(設計+発注)

STM8S-DISCOVERYのST-Link部分を使ったVersaloonは既に作成済みだが、これはターゲットが3.3V動作の物までなので、5Vや3.3V未満で動作する場合は使えない。なので、1.6V~5Vまで使える様にレベル変換ICを咬ませた基板を作成する事にした。

Versaloonのオリジナルソースコードでは色々な基板(オリジナル+DISCOVERY)に対応しているが、20ピンのJTAGで繋ぐのは自作したJTAGKey2 cloneがあるので、それを使うので、SWD対応のみで、UARTのTx/Rxが出てるのが良かったので、STM8S-DISCOVERYのバイナリを使い廻せる構成にしてみました。

回路図とガーバ・ビュワーで見たアートワークです。

回路図が間違っていました。修正した回路図をこっちらに載せてます。

versaloon_da_color.png

mbe_view.png gerver_view_top.png gerver_view_bottom.png

アートワークはMBE(Minimal Board Editor)で作ってます。
MBEは自動配線が無いので大変ですが、5x5cm, 2層の基板であれば何とか作成出来ます。何かと融通も利きますしね。

チップ抵抗を覗き、殆どの部品は既に入手しているので、大小関係を現物で確認して大丈夫そうだったので、Fusion PCBへ発注してみました。さてさて、どうなることやら。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこ時計 くろック D02
プロフィール

jujurou

Author:jujurou
運営HP:チャコの部屋
Twitter:jujurou

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザタグ

ぺるけ RaspberryPi Linux トランジスタ式ミニワッター TRminiWatterPart4 MPD OpenOCD イーサネットコンバータ FON2405E DAC buildroot FM3ペリフェラル BeagleBoneBlack FM3評価ボード library OpenGL mingw ODROID-U2 TL-WR700N Edison bitbake KiCad 計測 VMware シングル FM4 ミニワッター 6N6P プリアンプ 

月別アーカイブ
ランキング

FC2 Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Twitter