スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ODROID-U2を使ってみた

10月末くらいに購入していて、BeagleBone Blackとかを弄っているうちに死蔵扱いとなっていたODROID-U2にようやく火を入れました。

ODROID-U2は Cortex-A9 4コア 1.7GHz + Mali-400 という構成で、なんと私が使っているスマホに入っているSamsungチップ Exynos4412 を搭載しています。

ODROID-U2は本家のHardkernelから購入しました。$89.00です!! ついでにシステムコンソールを見るために、USB-UART Module Kitも購入しました。1.8Vですが、FT232RLにレベル変換を咬ました自作のがあるので購入しなくても良かったのですが、コネクタの事を考えると購入した方が手っ取り早いかなと。ドライバは自動的には入らないので、SILICON LABSのページからドライバを取得してインストールします。

それと、電源ですが、5V/2Aなのは良いとしてコネクタが外径2.5mm, 内径0.8mmという日本では馴染みのない経なのでこれも同サイトから購入しようとしたのですが、$9.00もするんです。それも日本のコネクタに合わせるのに変換が必要で不格好なのがやだなと思ったのと、ODROID-U2専用になってしまうというのがモヤモヤ感満載だったので何とか別で探す事に。でもね、なかなか無いのですよこれが。ようやく探しあてたのがshopUという店にあったUSB電源ケーブルです。USB-ACアダプタは持っていたのですが、ま~今後何かと使うだろうと5V/4AのACアダプタ(外径5.5mm, 内径2.1mm)とコネクタ形状を合わせるために変換ケーブルを同じ店で買いました。

ODROID-U2は購入検討の段階でGPU(Mali)のドライバがLinuxに対応している事を突き止めていたので、BeagleBone Blackよりは苦労しないのではないかと期待しながらポチリました。韓国→中国→日本の経路で送られてきましたが、中国あたりで1週間くらい停滞していて本当に届くのか心配になりましたが無事に送られてきました。

RIMG0536.jpg RIMG0537.jpg

ヒートシンクが矢鱈とデカイのは…それなりの理由がありました…。まっ、早い話、熱くなるんですね。1.7GHzってやはりそういう世界なのでしょう。333MHz,1コアでWin95を動かしていた時代が懐かしい。

USB-キーボード、マウス、HDMI変換器、microSD(16GB SDHC class10)は BeagleBole Black の時のを使い回しです。

問題のbootloaderとkernelとrootfs(Ubuntu)ですが、ODROID Forum に出ていたドライバと諸々をSDカード・イメージにしてくれた人(robroyhallさん)がいてそれをそのまま使わしてもらいました……リンクが切れてますね。こちらから入手可能です。Ubuntu-desktopはPreciseを使いたかったので、Ubuntu-12.11_FullyLoaded-U2-HDMI.20131001.img.xz をDLしてきました。このバージョン番号はLinaroの番号ですね。

SDカード・イメージは解凍して Win32DiskImager でmicroSDカードへ書き込めばできあがりです。解凍したイメージファイルが7GB強あります。8GBのカードだとぴったしなのかな? 8GBでは直ぐに足りなくなりそうな気がしますが…。領域はGParted utilityを使って使うカードに合わせてねって書いてありますしね。

ODROID-U2に周辺機器を繋いで、システムコンソールはPCで受けTeraTermで表示します。シリアルポートの設定は115200bps, 8N1です。で、ODROID-U2の電源をONにします。実際は電源SWはないので、ACアダプターを繋いでいる電源タップのSWをONにしました。SW付き電源タップは便利ですね。

RIMG0539.jpg

システムコンソールからU-boot→Linux kernel→kernel modele等のログが流れ、入力待ちになります。システムコンソール側はrootで自動ログインされてますね。GUI側はユーザID=linaroでパスワード入力待ちです。この初期パスワードは "linaro" なので入力してログインしたのが上の写真です。アルマジロの様な物体がいますが、これはUbuntu 12.04のコードネーム "Precise Pangolin" で、センザコウという動物です。ちなみに、使用しているLCDは LCD-10000VH です。小さいけど見やすい大きさのモニターが欲しかったのでつい買ってしまいました。

プリインストールされているブラウザがFirefoxとChromiumの2つあったので、両方でWebGLのデモページを閲覧してみました。FirefoxはWebGLを有効にしてやらないと閲覧できないのです。Chromiumはデフォルトで有効になっています。この性能は…こんなものなのかな…。それとも、ハードウェア・アクセラレートが出来てないのかな…。OpenGL ES の具合は glmark2-es2 を使えば分かりそうですが、まだ調べていません。

簡単に一通りの情報を見てみました。
長いログは途中省略してますが、一応4コアを認識はしているみたいです。Maliも動かしてる形跡があります。SDカードは領域拡張してないので、7GB強になってます。

# uname -a
Linux linaro-ubuntu-desktop 3.0.75-robroyhall-odroidu2 #1 SMP PREEMPT Sat Sep 14 21:11:09 PDT 2013 armv7l armv7l armv7l GNU/Linux

# cat /proc/cpuinfo
Processor : ARMv7 Processor rev 0 (v7l)
processor : 0
BogoMIPS : 1992.29

Features : swp half thumb fastmult vfp edsp thumbee neon vfpv3 tls
CPU implementer : 0x41
CPU architecture: 7
CPU variant : 0x3
CPU part : 0xc09
CPU revision : 0

Hardware : ODROIDU2
Revision : 0000
Serial : 0000000000000000


# df -T
Filesystem Type 1K-blocks Used Available Use% Mounted on
/dev/mmcblk0p2 ext4 6047300 5237132 502976 92% /
udev devtmpfs 993856 4 993852 1% /dev
tmpfs tmpfs 995056 8 995048 1% /tmp
tmpfs tmpfs 199012 840 198172 1% /run
none tmpfs 5120 0 5120 0% /run/lock
none tmpfs 995056 176 994880 1% /run/shm
/dev/mmcblk0p1 vfat 129039 13853 115186 11% /media/boot

# lsmod
Module Size Used by
cpufreq_ondemand 6667 1
fuse 62100 2
nbd 8507 0
joydev 8730 0
smsc95xx 12949 0
usbnet 15589 1 smsc95xx
usbhid 35136 0
nfsd 247896 11
exportfs 3472 1 nfsd


# dmesg
[ 0.000000] Kernel command line: console=tty1 console=ttySAC1,115200n8 fb_x_res=1920 fb_y_res=1080 hdmi_phy_res=1080 root=UUID=e139ce78-9841-40fe-8823-96a304a09859 rootwait ro mem=2047M

[ 0.045000] CPU: Testing write buffer coherency: ok
[ 0.045000] CPU0: thread -1, cpu 0, socket 10, mpidr 80000a00
[ 0.045000] L310 cache controller enabled
[ 0.045000] l2x0: 16 ways, CACHE_ID 0x4100c4c8, AUX_CTRL 0x7e470001, Cache size: 1048576 B
[ 0.045000] CPU1: Booted secondary processor
[ 0.045000] CPU1: thread -1, cpu 1, socket 10, mpidr 80000a01
[ 0.045000] CPU2: Booted secondary processor
[ 0.045000] CPU2: thread -1, cpu 2, socket 10, mpidr 80000a02
[ 0.045000] CPU3: Booted secondary processor
[ 0.045000] CPU3: thread -1, cpu 3, socket 10, mpidr 80000a03
[ 0.045000] Brought up 4 CPUs

[ 3.199141] Mali: init_mali_clock mali_clock c066ef6c
[ 3.204231] Mali<1>: = regulator_enable -> use cnt: 1
[ 3.210078] Mali<1>: = regulator_get_voltage: 1050000
[ 3.216534] Mali: Mali device driver loaded

[ 3.629970] DRM: mali_platform_drm_probe()
[ 3.633213] mali_drm_init(), driver name: mali_drm, version 0.1
[ 3.639304] DRM: mali_driver_load()
[ 3.642553] [drm] Initialized mali_drm 0.1.0 20100520 on minor 0

Welcome to Linaro 12.11 (GNU/Linux 3.0.75-robroyhall-odroidu2 armv7l)

BeagleBone Blackの件もあるので、少しずつ触っていく事にします。
スポンサーサイト

tag : ODROID-U2

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこ時計 くろック D02
プロフィール

jujurou

Author:jujurou
運営HP:チャコの部屋
Twitter:jujurou

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザタグ

ぺるけ RaspberryPi Linux トランジスタ式ミニワッター TRminiWatterPart4 MPD OpenOCD イーサネットコンバータ FON2405E DAC buildroot FM3ペリフェラル BeagleBoneBlack FM3評価ボード library OpenGL mingw ODROID-U2 TL-WR700N Edison bitbake KiCad 計測 VMware シングル FM4 ミニワッター 6N6P プリアンプ 

月別アーカイブ
ランキング

FC2 Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。