スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SDカード・トランスポータの作成(その3)

がた老さんのblogを見ると、16MHzで動作させた時にSDカードアクセスが80%になるらしい。逆に言うと、20%しか余裕がないって事!?

マズイです。
フォルダ(ディスク)毎にファイル(トラック)情報を持っていてディスクリピートとか出来るようにしたいし、フォルダを超えた連続再生を可能としたいので、余裕は50%くらいは欲しいところ…。

結局ネックとなるのはSDカードへのアクセスなので、この周波数を上げるにはマイコンのクロックを上げるしかない。でも、ATmega1281では最大16MHzなのである。。。マイコンを変更しましょう!!

秋月で扱っているATMEGA644Pにします。これなら 5Vで20MHzで動作し、SPIはこの半分の10MHzで動作させる事ができます。

またまたマイコン周りの設計変更だ…。
でも、このATmega644PはDIP40品なので扱いやすいです。何より、Low出力の最大電圧が0.7Vというのがありがたいです。ATmega1281なんて0.9Vもあるんですよ!!

とりあえず、SDカードと通信ができたか簡単に確認できるようにUART→RS-232C変換モジュールを作りましょう。そうすると、ブレッドボード上でも動作確認ができたりします。がんばろ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこ時計 くろック D02
プロフィール

jujurou

Author:jujurou
運営HP:チャコの部屋
Twitter:jujurou

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザタグ

ぺるけ RaspberryPi Linux トランジスタ式ミニワッター TRminiWatterPart4 MPD OpenOCD イーサネットコンバータ FON2405E DAC buildroot FM3ペリフェラル BeagleBoneBlack FM3評価ボード library OpenGL mingw ODROID-U2 TL-WR700N Edison bitbake KiCad 計測 VMware シングル FM4 ミニワッター 6N6P プリアンプ 

月別アーカイブ
ランキング

FC2 Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。