スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランジスタ式ミニワッターPart4 (その2)

またまた大ポカをやってしまいました。
この話は後半で。

前回で電源部の作成が出来ましたのでいよいよアンプ部の作成です。アンプ部で先ずやる事は「銅線を可能な限り先に配線しておく事」です。他の部品を半田付けしつつ銅線を這わそうとするととてつもなく苦労すると思います。ただし、配線しても半田付けする所とまだしてはいけない所をちゃんと吟味しないと部品を取り付けようとしたら半田で穴が埋まってたって事になりかねないです。ということで神経をすり減らしつつ銅線を配線です(写真取り忘れました…)。この時にリードベンダーを使うと作業が少し楽になります。

4a6bndj5.jpg

銅線の配線が終わったら、片方のch分を作成。そして指定箇所の電圧チェックです。

IMG_20150704_094256.jpg

残りのch分を作成して各所の電圧チェックをしてアンプ部は完成………の予定でしたが、そうは問屋が卸してくれませんでした。何とGND基準で0.68Ωの抵抗のトランジスタ側の電圧が本来は1V未満のところ1.2V位ありました。そして、基準としていた仮想GNDの電圧も電源のマイナス側基準で+11V位になってました。ココは電源部のみを作成した時に最終的に+7.4Vになっていた所です。まるで電源部ごと振り出しに戻った感じになってしまいました。この事実を知った時、速攻電源を切りました。

この状態になったら先ず疑うべきは半田不良です。半田付けしていない所、半田が付いてそうで付いていない所、半田ブリッジしてしまっている所などが無いかをルーペで入念に確認しました。また、見えないところで繋がっていたり逆に繋がっていなかったりしないかをテスターを使って導通確認もしました。が、何処もしっかりしてました。

そんなこんなで途方にくれていた時思い出したことが1つ有りました。電源ONして異常電圧を検知する前に各トランジスタを指で触って温度の様子を確かめていた時、片方のchの2SA1931が2SC4881に比べて熱かったのです。というか今から思い返せば2SC4881が冷たかった気がします。

この事を思い出し、もう全てがパーになることを覚悟して電源を入れてみることにしました。ただし、異常だった方のchの終段の2SA1931/2SC4881を取り外した状態でです。これらを取り外せば大電流がドッカンと流れる所はそう無い事を見越しての挑戦です。電源ONして先ずは仮想GNDの電圧を測ってみるとマイナス側基準で+7.4Vになってるではありませんか! この隙にと各所の電圧を測定した所、(今は取り外している)2SC4881のベース電圧となる部分が仮想GND基準で+5Vもありました。ここは本来1V未満になるはずです。これが分かった時点で電源OFF。しばし熟考です。

5Vも電圧があるというのが事実なので、そこから遡ると2段目のトランジスタ(2SA1680)が暴走している? そうでないとしたら……初段の差動バランスが著しく狂ってる? と、ココで妙な違和感が。初段のバランスが狂っているとしてその原因は…とたどると、出力段からのフィードバックがかかる方のFETのゲート電圧が固定されていない可能性が出てきました。今更重要な見落としに気がつきました。Bass Boostを解除する為の配線をしていませんでした。ぺるけさんが記載されているところでいう "BB" のポイントです。

15v-p4-pattern2_bb.jpg

このポイントはあまり深く考えずにケースに入れる直前に配線しようと決めてしまってました。ですが、この部分を配線…少なくともこの部分に繋がる銅線を半田付けしておかないとFETの入力電位が固定されず宙ぶらりんの状態になります。そうなるとどんな挙動をしてもおかしくはないです。早速この部分を半田付けして、まだ終段トランジスタは外した状態で電源ONしてみました。すると、+5Vあった所の電圧も1.5V位になってます(正確な値は記録していませんでした…)。そこで電源をOFFにして終段のトランジスタを半田付けし、再び電源ONしてみたところ2SC4881のベース電圧は正常値内に、仮想GNDもマイナス側基準で+7.4Vになっていました。簡単ながら可能な限りチェックできる所の電圧を計測しましたが、正常値と言える範囲に収まっていました。

RIMG0617.jpg

原因となっていた…取り付けを後回しにしていた配線は緑の線です。

ここまできたら、計測用にと取り付けていたダミーロード代わりの8Ωの抵抗を外してスピーカを繋ぎ電源ON……最初に少しスピーカがポコッと鳴りましたがそれ以外は問題なさそうなので、入力にポータブルCDから音楽信号をいれてみるとスピーカから曲が流れてきました。音が出ると少し安心してしまいます。が、しっかりと計測していない状態では見落としている異常があるかもしれないので早々に電源OFF。後は各電圧を詳細に測り異常が無いことを確かめ、ケースに入れてから楽しむことにします。

スポンサーサイト

tag : TRminiWatterPart4

tag : ぺるけ

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこ時計 くろック D02
プロフィール

jujurou

Author:jujurou
運営HP:チャコの部屋
Twitter:jujurou

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザタグ

ぺるけ RaspberryPi Linux トランジスタ式ミニワッター TRminiWatterPart4 MPD OpenOCD イーサネットコンバータ FON2405E DAC buildroot FM3ペリフェラル BeagleBoneBlack FM3評価ボード library OpenGL mingw ODROID-U2 TL-WR700N Edison bitbake KiCad 計測 VMware シングル FM4 ミニワッター 6N6P プリアンプ 

月別アーカイブ
ランキング

FC2 Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。