Bluetooth Receiver LCフィルタ ver1.0(改)(その2)

周波数特性を計測してビックリです。なんと、周波数が2kHzから既に減衰し始めてだだ下がり状態です。改造中は低周波数側ばかりを確認していたので上側の周波数特性を計測していませんでした。

BTA1_008.png

この原因は直ぐに目星がつきました。元回路に入っていた帰還回路のコンデンサと接地側に入っていたコンデンサが原因です。これを付けたままそれぞれの抵抗値を10倍にしたので遮断周波数が可聴域に入り込んできたのです。この事を確認する方法はそれぞれのコンデンサを取っ払うのが手っ取り早いと思い、実施してみました(下図の赤枠部分)。

BTA1_009.jpg

コンデンサの取っ払いは失敗でした。発振してしまいました。もともと発振防止に取り付けられていたと思われるコンデンサを取っ払ったので当たり前ですね。なので、取っ払うのでは無く容量を小さくしてみました。

BTA1_010.png

BTA1_011.png

発振せず、周波数特性も良さそうです。欲を言えば10kHz以上で少し上がり気味ですが、ここをなだらかにする丁度の値を見つけられず、元回路のままとしました。

BTA1_012.jpg BTA1_013.jpg

スポンサーサイト



テーマ : 電子工作
ジャンル : 趣味・実用

tag : ぺるけ

tag : Bluetooth

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこ時計 くろック D02
プロフィール

jujurou

Author:jujurou
運営HP:チャコの部屋
Twitter:jujurou

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザタグ

ぺるけ Linux RaspberryPi 三段化 6P43P-E 全段差動プッシュプル トランジスタ式ミニワッター 6P43P TRminiWatterPart4 MPD DAC OpenOCD FON2405E buildroot イーサネットコンバータ FM3ペリフェラル Bluetooth BeagleBoneBlack ODROID-U2 library FM3評価ボード mingw OpenGL 6N6P bitbake KiCad 計測 プリアンプ Edison VMware FM4 ミニワッター シングル TL-WR700N 

月別アーカイブ
ランキング

FC2 Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Twitter