Raspberry Pi pico 解析(bootrom version)

OpenOCDでデバッグ繋げてinsightを繋いでいましたが、どうもROM領域にPCがあると正常に表示してくれません。insightの仕様だと思うのですが、有料のデバッガの様にソースコードが無い領域でも逆アセンブルして表示してくれるなんて便利なことはやってくれないみたいです。そこで試しにinsightのgdbコマンドウィンドウでROM領域のデータを覗いたところ普通に見ることができたのでファイルに落としてobjdumpで逆アセンブルしてみました。

(gdb)dump binary memory bootrom.bin 0x000000000 0x000004000
$ arm-none-eabi-objdump -D -b binary -m arm  -M force-thumb ./bootrom.bin > ./bootrom_asm.txt


逆アセンブルできているのは確認してご満悦だたのですが、上から順に見ていると見覚えの無い数字がでてきたので あれっ と思いました。そう、Bootrom version が "1" なんです。データシートの 2.8.3. Bootrom Contents にこの辺りのフォーマットが載ってます。

rpi_pico_bootram_version.png

githubに上がっているmasterはTagのb1(version=2)と同じでその前がb0(version=1)になってます。つまり私が入手した Raspberry Pi pico は(バージョン情報だけ見ると)b0相当のbootromが書かれている物だと言うことです。b1とb0の差分内容は正直よくわからないですが、今後のロットではb1の方が出るのかもです。
スポンサーサイト



tag : RaspberryPi_pico

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこ時計 くろック D02
プロフィール

jujurou

Author:jujurou
運営HP:チャコの部屋
Twitter:jujurou

カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザタグ

ぺるけ Linux RaspberryPi 全段差動プッシュプル 6P43P-E 三段化 トランジスタ式ミニワッター 6P43P TRminiWatterPart4 RaspberryPi_pico MPD FON2405E イーサネットコンバータ OpenOCD DAC buildroot windows Bluetooth BeagleBoneBlack FM3ペリフェラル map ODROID-U2 FM3評価ボード library mingw OpenGL シングル bitbake KiCad 計測 プリアンプ Edison VMware FM4 ミニワッター 6N6P TL-WR700N 

月別アーカイブ
ランキング

FC2 Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Twitter