スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぺるけ式HPA(その3)

LED電源部分を作成しました。

diff_hpa1_LED_power_top

diff_hpa1_LED_power_bottom

以前作成した時の反省を生かし、放熱板の下の基板に通風孔を作りました。

正電圧側が予定の電圧(+13.8V)より下回ってしまった(+12.5V)ので、LEDを1つ追加して電圧を上げました。その加減で、+14.46Vに成ってしまいましたが、アンプ回路の電源入力部分に 10Ω程度の抵抗を入れる事によって予定の電圧(+13.8V)付近に下げようと思います。

元々、ローパスフィルタとして抵抗が入っていた部分なのだが、実験はしていないがLED電源を少し信じ込みフィルタ用の抵抗を取り払う予定でしたが、思わぬところで元の鞘に収まってしまいました。ぺるけさんマジックですね…。

因みに負電圧はこれまた予定どおりではなく、-5.08Vだったけど、-4V以上あれば良い回路だったのでこのままで良しとします。

予定の電圧が出なかったのは、電圧制御部のトランジスタに流れる電流量が少々多かったのかな…。この辺は今後の課題でもあります。それ以前に、LEDの最もローノイズで安定した電圧を取れる電流量を見極める実験をするのが先ですね。測定用冶具を作成する予定と部品は既にあるのだが、なかなか実効に移せてないです…。

ともあれ、抵抗、トランジスタのhFEやLEDのVfを1つ1つ選別したおかげで両チャネルの基板での電圧誤差は ±0.01V 以内に収まっています。今の所、これで良しとしますか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこ時計 くろック D02
プロフィール

jujurou

Author:jujurou
運営HP:チャコの部屋
Twitter:jujurou

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザタグ

ぺるけ RaspberryPi Linux トランジスタ式ミニワッター TRminiWatterPart4 MPD OpenOCD イーサネットコンバータ FON2405E DAC buildroot FM3ペリフェラル BeagleBoneBlack FM3評価ボード library OpenGL mingw ODROID-U2 TL-WR700N Edison bitbake KiCad 計測 VMware シングル FM4 ミニワッター 6N6P プリアンプ 

月別アーカイブ
ランキング

FC2 Blog Ranking

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。